広く、深く。(Widely Deeply.)

生き物と天体観測を生き甲斐にしている高校生のブログです。

近状報告とこれから

お久しぶりです。ふかうみです。

なんと前回の更新からもう1年半近く経過しておりました。もう少し更新ペースが上がると良いのですが、これまでの自分を鑑みると恐らく来年も厳しいでしょう。努力はしますが。

 

 

さて、気付けば今年も残り僅か。もう年末です。

僕にとって2018年はこれまでにないくらい濃密な1年となりました。やはり6月から10月にかけて大学のAO入試があったからでしょう。その4ヶ月間はほぼ毎日書類制作に追われ、自分の18年間の人生で一番ストレスがかかったと断言できるくらい緊張感に包まれた生活(大袈裟な表現かもしれませんが)を送りました。正直なところ合格者発表当日は吐き気と腹痛で起き上がるのも辛かったです。しかし、4ヶ月間の努力が実ったのか、単純に運が良かったのか、無事に第一志望の大学に合格することができました。これで来年から念願のリアルウオウオフィッシュライフです。やったね。

そうです。

僕が受かったのは魚類学(もちろん他にもありますが)を学ぶことができる学科。つまり本格的にその道に進むことになります。

そして僕はもう4ヶ月後には独り暮らしをしています。しかも海が目と鼻の先という夢のような環境です。大学合格と一緒に幼少期からの「海の近くで暮らす」という夢を掴んでしまいました…。

そんなわけで、これはかなり良い機会ですし、来年のどこかしらのタイミングで海水魚の飼育に踏み切ろうかなと考えています。特別「これが飼いたい!!」という種がいるわけではありませんが、基本的に採集した魚の飼育が中心になるでしょうし、それは魚が採れたときに考えれば良いかな、という感じで。 

 

今思えば1年前の2017年の年末は、目前に控えた受験への不安と、それに伴うこれまでの自分の行いに対する強い後悔を抱えながら生活していましたが、今年はかなり清々しい気持ちで1年の終わりを迎えることができそうです。とにかく、良かった。本当に。

やたらと長くなってしまいましたが、僕は大学にこそ合格したものの、まだまだ一魚オタクとしても、人間としても未熟であることに変わりはありません。これからの生活に僕の夢を本当に叶えるかどうかがかかっています。2019年も精進していく所存です。

 

では最後に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ってろ駿河湾!!!!!!!!!!

 

それでは皆さん良いお年を。